プレスリリース

  • ニホンオオカミの高深度ゲノム:ニホンオオカミはイヌに最も近縁なオオカミ

    ニホンオオカミの高深度ゲノム:ニホンオオカミはイヌに最も近縁なオオカミ
    2024.Mar.1


    <
  • 江戸時代の食の均質性はどのくらい?

    江戸時代の食の均質性はどのくらい?
    2023.Dec.18


  • 適応進化の時計は辺境ほどゆっくり進む

    適応進化の時計は辺境ほどゆっくり進む
    2023.Oct.30


  • オタマジャクシも数がわかる?

    オタマジャクシも数がわかる?
    2023.Sep.7


  • 高精度ゲノム解読が紡ぐソバの過去と未来

    高精度ゲノム解読が紡ぐソバの過去と未来(©️星野ロビン)
    2023.Aug.11


イベント

2024.Jan.17   2024年1月25日(木)21:00-22:00 "TV出演" 古川 安 博士が NHK (BS)「ザ・プロファイラー」に出演し、新五千円札の顔となる津田梅子氏について語ります!blank
2024.Jan.11   2024年2月17日(土) 蟻川 謙太郎 教授が JT生命誌研究館講演会 生命誌レクチャー「チョウはどんな世界を”見て”いるのか?」を講演します(無料、予約不要、高槻)。blank Youtubeにてライブ配信があります。blank
2024.Jan.11   2024年1月11(木) 蟻川 謙太郎 教授が 第363回 千里ライフサイエンスフォーラムにて「蝶が見る色の世界」について講演します(要申込、大阪、公益財団法人千里ライフサイエンス振興財団)。blank
オンデマンド配信(無料、要申込)があります。視聴申込はこちらのフォームからblank
2023.Jan.9   2023年12月13(水) 統合進化科学研究センター X 東大三崎臨海実験所 第2回 学生交流会が開催されました!blank
2023.Dec.14   2024年1月20(土)〜21日(日) 寺井 洋平 准教授が「コンパニオンアニマルのゲノム医療研究会による第4回研究会(事前登録制,ハイブリッド開催,オンサイト会場:遺伝学研究所)」にて講演します。blank
2023.Dec.8   2023年12月9日(土)に第24回 共生科学研究センターシンポジウム・第28回 紀伊半島研究会シンポジウム「光合成をめぐる共生・寄生・三者関係」で 統合進化科学研究センター 特別研究員 河野 美恵子 博士が講演します。blank
2023.Nov.31   2024年1月5日(金)に統合進化コースのオープンキャンパスが開催されます。blank
2023.Nov.20   2023年12月16日(土)〜 18日(月)に第3回AsiaEvoがシンガポールにて開催されます。blank
2023.Nov.20   2023年12月16日(土)〜 17日(日)に第39回国際生物学賞記念シンポジウム・講演会が開催されます。blank
2023.Nov.17   2024年3月5日(火)に基礎生物学研究所・動物行動学研究会・第34回オンライン講演会で 沓掛 展之 教授が「協同繁殖社会の多様性と進化」について講演します。blank
2023.Nov.17   2023年12月11日(月)に基礎生物学研究所・動物行動学研究会・第31回オンライン講演会で 木下 充代 准教授が「アゲハチョウが見ている色世界 ―行動から脳の仕組みを探る―」について講演します。blank
2023.Nov.17   2023年11月26日(日)に公開シンポジウム「動物科学の最前線:めくるめく多様性を科学する(2)」で 入江 直樹 教授が「個体発生は系統発生(進化)を繰り返す?繰り返さない?」について講演します。blank
2023.Oct.11   2023年11月11日(土)に総合研究大学院大学・統合進化科学コース講演会・説明会で颯田葉子 教授が「デニソワ人が私たちのゲノムに残したもの」)について、大槻久 准教授が「数えて分かる生命の不思議:数理生物学入門」について講演します。blank
2023.Sep.9   2023年10月22日(日)開催の大学共同利用機関シンポジウム2023で 渡辺佑基 教授が講演します。blank
2023.Jun.28   研究体験実習2023を7月25日~27日に開催blank
2023.May.13   入江 直樹 教授 ・ 渡辺 佑基 教授 が講演します。blank
 

最近の業績

2024.Feb.23   Japanese wolves are most closely related to dogs and share DNA with East Eurasian dogs. Gojobori, Arakawa, Xiaokaiti, Matsumoto, Matsumura, Hongo, Ishiguro, Terai. Nature Communications 15:1680
DOI:10.1038/s41467-024-46124-yblank
2024.Feb.13   Helping syndrome is partially confirmed in the eusocial naked mole-rat. Yamakawa, Miura, Kutsukake. Animal Behaviour
DOI: 10.1016/j.anbehav.2024.01.005 blank
2023.Dec.15   Human diet of premodern mainland Japan: a meta-analysis of carbon and nitrogen stable isotope ratios. Tsutaya, Doi, Katagiri, Sawafuji, Yoneda. Anthropological Science 132(1):27-38
DOI: 10.1537/ase.230718 blank
2023.Oct.26   The adaptation front equation explains innovation-driven taxonomic turnovers and living fossilization. Ito, Sasaki. 202(6):E163-E180 The American Naturalist
DOI: 10.1086/727046 blank
2023.Sep.5   Grouping rule in tadpole: is quantity more or size assortment more important? Hase. Animal Cognition 26:1905-1913
DOI: 10.1016/j.anbehav.2019.06.001blank
2023.Aug.10 Genome sequencing reveals the genetic architecture of heterostyly and domestication history of common buckwheat. Fawcett,... Ota, et al. Nature Plants 9:1236–1251.
DOI: 10.1038/s41477-023-01474-1 blank
2023.Jul.19 Kangaroo endogenous retrovirus (KERV) forms megasatellite DNA with a simple repetition pattern in which the provirus structure is retained. Koga, Nishihara, Tanabe, Tanaka, Kayano, Matsumoto, Endo, Srikulnath, O'Neill. Virology 586:56-66.
DOI: 10.1016/j.virol.2023.07.005 blank
2023.Jun.27 Conserved Evolution of MHC Supertypes among Japanese Frogs Suggests Selection for Bd Resistance. Lau, Iagawa, Kosch, Dharmayanthi, Berger, Skerratt, Satta. Animals 13:2121
DOI: 10.3390/ani13132121 blank
2023.Jun.23 Spatial and temporal diversity of positive selection on shared haplotypes at the PSCA locus among worldwide human populations. Iwasaki, Satta. Heredity 131:156–169
DOI: 10.1038/s41437-023-00631-8 blank
2023.Jun.22 Collective movements during visits to water bodies in wild Asian elephants. Mizuno, Ranjeewa, Kutsukake, Padmalal. J Ethology
DOI: 10.1007/s10164-023-00790-5 blank
2023.Jun.3 Allometric Growth of the Enigmatic Deep-Sea Megamouth Shark Megachasma pelagios Taylor, Compagno, and Struhsaker, 1983 (Lamniformes, Megachasmidae). Yun, Watanabe. Fishes 8(6):300.
DOI: 10.3390/fishes8060300 blank
2023.May.9 Evolutionary stability of cooperation in indirect reciprocity under noisy and private assessment. Fujimoto, Ohtsuki. Proc Natl Acad Sci USA 120:e2300544120.
DOI: 10.1073/pnas.2300544120 blank
2023.Apr.18 ‘Color’ processing in the butterfly visual system. Kinoshita, Arikawa. Trends in Neurosciences 46(5):338-340.
DOI: 10.1016/j.tins.2023.02.006 blank
2023.Apr.12 Thermal sensitivity of metabolic rate mirrors biogeographic differences between teleosts and elasmobranchs. Watanabe, Payne. Nature communications 14:2054.
DOI: 10.1038/s41467-023-37637-z blank
 

受賞・記事など

2024.Feb.19大槻 久 准教授の研究がダイヤモンドオンライン(2024年2月16日付)に掲載blank
2023.Dec.28寺井 洋平 准教授の研究テーマの記事、日経サイエンス(2024年2月特大号12/25発売)に掲載blank
2023.Dec.20大槻 久 准教授、第2回[2023年度]日本学術振興会賞を受賞blank
2023.Nov.8渡邊 崇之 助教、第32回[2023年度]吉田奨励賞を受賞blank
2023.Sep.29大田 竜也 准教授の共同研究が第144回講演会(令和5年度秋季大会)で日本育種学会優秀発表賞(講演番号116)を受賞。また同大会で共同研究(講演番号114)について安井康夫京都大学助教(連携研究員)がオンライン記者会見を実施。blank
2023.Sep.8大田 竜也 准教授の共同研究(共著論文blank)が読売新聞blankascii.jpblank日経バイオテクblank、朝日新聞blankblank3(英語)blank京都新聞blank日本経済新聞blank時事通信ニュースblankJIJI.COMblankMITテクノロジーレビューblank科学新聞blankJAcomblankつくばサイエンスニュースblank日刊工業新聞blankで紹介
2023.Sep.5藤本 悠雅 研究員が第18回日本数理生物学会研究奨励賞を受賞blank